So-net無料ブログ作成

mixiの古い日記から転載してみる。 数え歌の記憶 [歴史関係]

☆昔から疑問だったこと

祖母*2(明治生まれ)・父(昭和一桁)、みな物故しておりますがこの人達が歌って聞かせてくれた「変な歌」がありました。就学前の頃なのですがなぜか記憶の強い歌です。

・にっぽんの のぎさんが がいせんす すずめ めじろ ろしや や○○こく くろぽときん きんのたま まけてにげるはちゃん×ぼー ぼうでたたくはいぬ△△し しんでもいのちがありますように 

最後までいくとはじめに戻るいわゆるしりとり歌です。当然意味は分かりませんでした。後々

・日本の 乃木さんが 凱旋す 雀 目白 露西亜 野○国 クロパトキン 金の珠 負けて逃げるは×ちゃん坊 棒で叩くは犬△し 死んでも命がありますように

であり、日露戦争を歌ったものであるのだろうと言うところまでは理解できました。そして、まれにラジオなどで自分より上の世代の人からかなり下の世代の人まで祖父母や父母に聞かされた記憶があることも知りました。また、いろんなバージョンがあるらしいことや、やはり日露の頃からあるらしい事など。書籍などに当たってきちんと調べるべきだとは思うのですが、先日ふと思い立ってGoogle先生に問い合わせたところ結構皆さん調べていらっしゃって、いろいろ面白いことが分かってきました。

まずこの歌には大きく二つの系統があること
A 出だしが「陸軍の」
B 出だしが「日本の」

次に出だしを除けば「金の珠」まではほぼ同じで、そこから伝聞のためでしょうか歌詞がいろいろ変わってきていること

代表的なのは

Cまけてにげるはちゃん***ぼう ぼうでたたくは**ころし シベリヤてつどうあるけれど どびんのくちからゆげはけば ばるちくかんたいにげていく くにをまもるはりくぐんの‥

Dまかろーふ ふんどししめた たかしゃっぽ ぽんやうり

※マカローフ(マカロフ提督)・たかしゃっぽ(高帽子)・ポンヤうり(ポン菓子売り?仲間はずれの瓜?)と思われます

の二つがあるようです。


面白いのは伝言ゲーム的に言葉が変化しているらしいこと。
「マカロフ」と言うところは「まめ豆腐」に変化したケースがありました。ロシア人の名前なんで、すぐ忘れられたんでしょうか。でもクロパトキンはそのままなんですね。同様に「土瓶の口から湯気吹けば」は、「土人の国まで撃ちませば」「土民の口からはき出せば」というケースもありました。

で、どうもこの伝言ゲームを遡ると一番古いバージョンは

・陸軍の 乃木様が 凱旋す 進め 目指せ 千里の陸路 ロシヤ ヤポンスク クロパトキン 金の珠 負けて逃げ行くチャン***坊 棒で叩くは犬*し シベリヤ鉄道長かれど どどんと大砲(おおづつ)火を吹かば バルチク艦隊壊滅し 死んで水面に沈みたり


ではないのかな、と言うところまで追えました。ネットで見かけた他のバージョンではどうしても文意が分からないものが多い中、このケースだけはおおむね軸がぶれていない。そして、最初の三語:次の三語、ロシヤ-ヤポンスク:クロパトキン-金の珠(日章旗の上の珠のこと?)というようにリズムごとにまとまりがある。ただ、どうも歌うときのリズムのせいでしょうか、早い段階で「千里の陸路」が落っこち、その関係でmeからroにつながなくてはいけなくなって「進め目指せ」が「雀目白」という鳥の名前に変化してしまったのではないかということ、金の珠以降に「マカロフ」のバージョンが発生したため(おそらくこれもバージョンの多さから早い段階ではないかと思われます)、その後ろがグダグダのパターンが多いのではないかと思われました。

実際にはどの歌が古くてどの歌が新しいのかも分からないわけで、推測ばかりですが。


最後にノイズが激しくなって、何を言ってるのかよく分からなくなっているバージョンを幾つか。



・日本の 乃木さんが 合戦す 雀 目白 ロシヤ 野*国 栗畑 剣の束 番頭さん 三遍廻って煙草の火 火の玉 たまげて逃げてくチャン***坊 棒でどつけば犬*し シベリヤ鉄道ないけれど ドボンと肥溜め落ちたれば ばあ様拝んで往生し 死んで御陀佛(おだぶつ)八十二

栗畑は多分クロパトキンの変化。剣の束は同様で金の珠なのでしょうが、股間の方の連想で変わったんでしょう。(私も股間の方だとばかり思ってました)


・陸軍の 乃木さんが 凱旋す 雀 目白 ロシヤ 野*国 クラボトキン 金ダルマ まーわーし 締めた 高シャボン 盆参り 


まわし締めたはもう原型すらとどめていません。これより古いのではないかと思われるものに前述の「マカロフ ふんどし しめた」というのがあるので、ここからマカロフが落ちたため「ふんどし」が「まわし」に変化したと思われます。


・‥いぬ**し 死んでもかまわぬ日本兵 兵隊揃ってトットコト 富山の三十六連隊 大砲一発ドーンドン ドンがなったら昼飯や(以下不明で り、にもどる)


36連隊は多分書いた人か歌った人の記憶違いか何かと思われます。

※文中の漢字は本当は全て不明。なので「きんのたま」は股間の方のものの可能性も否めません。
※文中不適切な表現は伏せ字にしてあります。文面や文意から考えると「××ぼー」と「いぬ××し」は対になっていると思いますが、何を意味しているかは不明です(棒。

※調べて面白かったののは、その当時の民衆の記憶に残りやすい部分と残りにくい部分の差が大きい、と言うこと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。